20/21 UEFA Champions League GL MD2 vs Manchester United FC マッチプレビュー 

CL グループリーグ第2節、Manchester United戦のプレビュー

f:id:SKR826:20201029002636j:image

試合情報

20/21 UEFA Champions League GL 第2節 vs Manchester United FC(イングランド)

f:id:SKR826:20201029002655j:image

日時:

2020年10月28日 20:00(日本時間29:00) KO

場所:

Old Trafford

放送媒体:

なし

主審:

Matej Jug(スロベニア)

・過去の試合でLeipzig、Manchester Unitedの担当はなし

過去の対戦成績:

なし

Old Traffordでの成績:

なし

その他データ

・Leipzigは昨季のCLアウェイゲームで3勝1分と無敗

・Gulácsiはこの試合に出場するとUEFAコンペティションで50試合目の出場となる

・Upamecanoは昨季のCLで70%のデュエル勝率を記録、これはフランス人選手のトップの数値だった

・BayernのKingsley Comanと並びAngeliñoは2得点でCLの得点ランキングのトップに位置する

・Manchester UnitedはCLでのホームゲームで6試合で僅か1勝、直近は2連敗中

・昨季のELホームゲームでは5戦全勝、15得点1失点

・ドイツのチーム相手にCLのホームゲームはここ10戦負けなし、最後に敗れたのは約20年前のBayern戦

・Kluivertとvan de BeekはAjaxで、NkunkuとCavaniはPSGでチームメイトだった

対戦相手情報

昨季成績:

イングランドプレミアリーグ 3位

38試合 勝ち点 66 得点 65 失点 35

得失点差 +30

FAカップ ベスト4

カラバオカップ(リーグカップ) ベスト4

・EL ベスト4

直近5試合の成績:

2020/10/25

Premier League 第6節

vs Chelsea △0-0

2020/10/21

UEFA Champions League Group H 第1節

vs Paris Saint-Germain ○2-1

2020/10/18

Premier League 第5節

vs Newcastle United ○4-1

2020/10/5

Premier League 第4節

vs Tottenham ●1-6

2020/10/1

Carabao Cup ベスト16

vs Brighton ○3-0

最多得点者(昨季):

#9 Anthony Martial(23得点)

監督コメント

Julian Nagelsmann (RBL)

 

 「このような歴史のあるスタジアムでプレーできるのはチームとしても個人としても特別な出来事だ。Manchester Unitedはまずまずのスタートを切ったが、間違った道は進んでいないだろう。相手がどう戦ってくるかを100%予想することはできない。Chelseaとの試合では低い位置で構えてプレーしたが、PSGとの試合では強烈なプレスをかけていた。水曜日の試合はそれらを混合した形の試合になるだろう。彼らは質が高く、とても積極的だ。ただ、相手も自分たちのクオリティを理解しているだろうし、過剰なほど積極的には来ないだろう。我々はコンパクトに戦い、相手の前線4人に対応しなければいけない。」

「Manchester Unitedがどう戦うかは当日になるまで分からない。ただ、彼らはホームで戦う。我々はボールを大事にしなければいけないし、前線での効果的な働きが必要だ。ブンデスリーガとCLの両方で良いスタートを切れていることからこの試合には自信を持った状態で挑むことができるし、臆する必要はない。我々は勝ち点3を獲得するためにイングランドに来ている。CLでの完璧なスタートを切るために試合に勝つことが我々の目標だ。その可能性は十二分にあるだろう。」

BayernファンだったJulian少年が当時11歳だった1999年、BayernはManchester UnitedとCLの決勝で対戦。Oliver Kahn, Lothar Matthäusらを擁していたBayernが1点リードしていたものの、後半のアディショナルタイムに途中出場のTeddy Sheringhamとに立て続けに得点を許し逆転で試合に敗れた。

「Solskjærに会ったらまずタックルするよ(笑) なんていうのは冗談で普通に挨拶をする。もう怒っていないしね。あの時自分は幸せな人間ではなかった。親父はGladbachのファンだったから自分のことを少し冷かしてきた。彼はBayernが優勝しなかったことで喜んでいたが、自分は嬉しくなかった。Ryan Giggs、Rio Ferdinand、Paul Scholes、Ruud van Nistelrooy、Ole Gunnar Solskjær。偉大な選手たちは過去にもいたし今もいる。多くの伝統があるクラブだ。」

Ole Gunnar Solskjær (MUN)

「全ての試合で勝ち点3を目指しているし、4チーム間で争うCLのグループリーグでは勝ち抜けのために勝ち点10が必要となるだろう。もちろんその勝ち点10にできる限り早く到達するのが我々の目標だ。明日の試合でも勝ち点3を取りたい。」

「Chelseaとの締まった試合を行った後だから出場が不透明な選手もいるがスカッドに大きな変更はない。」

「Leipzigはメキメキと順位を上げてきたクラブだ。毎シーズンごとに成長している。昨季はブンデスリーガで3位で、今季も良いスタートを切っている。CLでは準決勝に進出し、大きなタイトルを狙っているだろう。時代を先取りするとても興味深い監督がいる。多くのエネルギーを兼ね備え柔軟性のある選手が多くいる。近年は動向を追いたくなるような興味深いチームだ。」

「当たり前だが試合に備えるうえで対戦相手の試合は見る。Nagelsmannは融通の利く監督で色々なフォーメーションを操ることができる。ただ、チームのスタイルは変わらずそこにある。それは速いテンポ、強い圧力で相手を支配することだ。我々は相手に問題を生じさせ、相手から課された問題を解決できるかに焦点を置いている。実際に試合に入ってみるまでどのようになるのか分からないのがLeipzigとNagelsmannだ。この試合をとても楽しみにしている。」

 

選手コメント

Leipzig # 3 Angeliño

「これまでのキャリアの大半を過ごしたマンチェスターに戻ること、プレミアリーグのトップクラスのチームとあの有名なオールドトラフォードで試合をすることはチームにとっても個人にとっても特別なことだ。我々はこの試合を楽しみにしている。」

「Manchester Unitedとの対戦は簡単なものではなく、双方が好調をキープしていることからどちらが主導権を握ることになるかを予想するのは難しい。」

「自分たちの強みにフォーカスを置いて、最初の1分から最後の1分までマッチプランを遂行できるよう取り組まなければいけない。マンチェスターから勝ち点を持ち帰ることができるように監督がプランを与えてくれるだろう。」

Leipzig # 7 Marcel Sabitzer

「同じプレミアリーグの強豪であるTottenhamと昨季に対戦したばかりだが、その試合と比較することはできない。Manchester Unitedは異なる相手で異なったプレーをする。もちろんManchester Unitedとの試合がタフなものになることは理解している。自分たちはしっかり準備ができていると思うし、監督は相応しいマッチプランを提示してくれた。自分たち選手がそれをしっかりと遂行することができれば、きっと勝利を収めることができるだろう。」

「自分が90分フルで出場できるかどうかは分からない。監督がどのように考えているかにもよるだろう。Old Traffordは特別なスタジアムだし、相手も特別だ。この試合はの期待感はとても大きい。」

 

Leipzig #44 Kevin Kampl

「11歳の時にこの素晴らしい場所(オールドトラフォード) を訪れた。Leverkusenの下部組織に所属していた当時プレミアリーグからの招待でイングランドに行った。トレーニングセンターでManchester UnitedやWiganなどいくつかの試合を行なった。その当時のペナントは今もまだ部屋にある。そのあとに食堂にも行ったんだけど、そこにはDavid BeckhamとRio Ferdinandがいた。大きく光り輝いていた。最後に組まれていたスタジアムツアーがハイライトだった。観客席は特大だったし、芝生は真っ平だった。あれから20年が経ちこの芝生に自分が立つことができるのは夢みたいだ。」

「このグループはトップクラスのチームが揃っている。自分たちはここで結果を残したい。」

予想先発メンバー

Leipzig

kicker(3421)

GulácsiⒸ - Orban, Upamecano, Halstenberg - Henrichs, Adams, Kampl, Angeliño - Olmo, Nkunku - Poulsen

UEFA(3421)

GulácsiⒸ - Orban, Upamecano, Halstenberg - Heinrichs, Kampl, Nkunku, Angeliño - Olmo, Forsberg - Poulsen

Bundesliga(3421)

Gulácsi - Orban, Upamecano, Halstenberg - Nkunku, SabitzerⒸ, Kampl, Angeliño -  Olmo, Forsberg - Poulsen

〔欠場予定〕

Haidara、Klostermann、Mukiele、Laimer

Kamplは問題なく出場するとされている。フルの出場が難しいとされているSabitzerと当日の様子で判断予定のAdamsの状態で中盤の構成が変わってくるだろう。

Manchester United

kicker(4213)

De Gea - Wan-Bissaka, Lindelöf, MaguireⒸ, Telles -  McTominay, Pogba - Bruno Fernandes - Greenwood, Martial - Rashford

UEFA(3412)

De Gea - Tuanzebe, MaguireⒸ, Lindelöf - Wan-Bissaka, Fred, Van de Beek, Telles - Bruno Fernandes - Rashford, Martial

Bundesliga(3412)

De Gea - Tuanzebe, MaguireⒸ, Lindelöf - Wan-Bissaka, McTominay, Fred, Telles - Bruno Fernandes - Rashford, Martial

〔欠場予定〕

Bailly、Jones、Lingard

人選に大きな差はないがメディアによってシステムが異なっている。Nagelsmannもどちらのシステムを採用してくるかは分からないと話していたが、同時に両方のシステムに対応できるように対策してきたとのコメントも残している。

展望

赤い雄牛VS赤い悪魔。Manchester United戦はクラブ史上2度目となるイングランドのチームとの対戦になる。データ的にはLeipzigとManchester Unitedどちらも勝利の可能性が多くある。ホームでの強さがあるManchester Unitedだが、今試合は無観客での開催に。波に乗ったら止めるのが難しいManchester Unitedの攻撃陣とリーグ最少失点を誇るLeipzig守備陣。ビジターとして戦うLeipzigはこれまでのように圧倒的に試合を支配することは難しいかもしれない。ただ、全員のコメントにもあるように臆さずに戦うことができれば勝機は十二分にあるだろう。グループリーグ突破のためにも勝ち点を持ち帰ることができれば良いだろう。夢の劇場での戦いの行方はいかに...。