RB Leipzig №1 Péter Gulácsi 〔インタビュー記事〕(2022/5/17)

f:id:SKR826:20220521021519j:image

インタビュアー:Mr.Gulácsi、あなたはRB Leipzigで3度目のDFBポカール決勝に臨みます。最初の2回の決勝戦は負けていますね。Bayern戦は0-3、Dortmund戦は1-4でした。今のチャンスをどう捉えていますか?
Péter Gulácsi:50:50。Freiburgは素晴らしいシーズンを送っている。でも、もちろん自分たちはトロフィーが欲しい。物事は全ては三回で決まる。(Aller guten Dinge sind drei!)
インタビュアー:Freiburgのファンは、RBファンを除いて、ドイツのサッカー界では全土がLeipzigではなくFreiburgを応援していると確信しています。みんなが反対している時の感情はどんな感じですか?
Gulácsi:自分の知る限り、自分たちは決勝のスタジアムのチケットをFreiburgと同じくらい手にした。自分たちのエリアは3万人のファンでいっぱいで、みんな白い服を着てやってくる。本当に良い雰囲気、大きな声援になりそうだ。また2019年は、多くの中立的な観客がBayernのためにではなく、自分たちのために来てくれた。そして、テレビの前にいる人たちがFreiburgを応援しようがしまいが、スタジアムではそれを感じることはない。最近、そのような記事を改めて目にしたが、自分はそのような拒絶反応は断じて感じていない。
インタビュアー:FreiburgはRBが共同のファングッズにロゴを使用することを禁じています。他のクラブはLeipzigのエンブレムをボイコットしています。それについてどう思いますか?
Gulácsi:別に新しい話題でもないんだから、声を大にして言わなくてもいいんじゃないかな。それに、注目を浴びる決勝戦の前に再び話題になるのは驚くことではない。自分たちは単純にサッカー選手として自分たちの業績に対する敬意を求めているし、近年の成功のおかげで多くの評価を得ていると思う。そしてそれを実感している。一つだけはっきりしているのは、自分たちはトロフィーを誰とも共有したくないということだ(笑)
インタビュアー:今、RBではファンのサポートが話題になっています。ベルガモでは800人、2,500枚のチケットが用意されていたグラスゴーでのEL準決勝セカンドレグでは1,000人しか集まらなかったのがなぜなのか、サポーターの間でも議論が交わされています。Rangersとのファーストレグに勝利した後、Domenico Tedesco監督は "まあ、正直に話すと、もっと良い雰囲気はあるね。’’と言いました。例えばFrankfurtのような応援も見てみたいですか?
Gulácsi:創立13年の若いクラブに対するサポートがすでに素晴らしいというのは、今でも印象的だ。それを過小評価することはできない。それ以外のことは必ず発展していかなければならないし、していくだろう。例えば、敵地でのアウェイゲームを観戦する若いファンの多くは徐々に自分たちで移動できる年齢に達しているのも事実だ。ポカールの決勝では、きっと自分たちのエリアが振動していることだろう。そして、自分の情報が正しければ、来シーズンのシーズンチケットはすでに3万枚近く売れているそうだ。
インタビュアー:グラスゴーでのEL敗退の後だけに、ポカールの勝利はより重要な意味を持つのでしょうか?
Gulácsiグラスゴーはとても苦い思い出だ。ヨーロッパでの決勝という、そうそうあることではない大きなチャンスがあったわけだから。これからは自分たちだけでなく、周りのみんなに自分たちがタイトルを獲れる存在であることを少しずつ証明していくことになる。ライプツィヒでのブンデスリーガ昇格記念パーティーは強烈なものだった。ポカールで優勝すれば、さらに街は震撼することになるだろう。
インタビュアー:Rangersに敗れる前にTedescoが言っていた、’’ポカールの決勝で負けてもスーパーシーズン’’、というのはあなたにも該当するものですか?
Gulácsi:実際、CL出場権を獲得したおかげで、すでにクラブ史上最高のシーズンになっている。自分個人としては、’’スーパーシーズン’’ にはやはり初タイトルが含まれなければならないと思っている。それが正直な気持ちだ。でも、それを実現できるかは自分たちにかかっている。
インタビュアー:あなたはボーナスを善意の活動に寄付していますね。ポカール優勝の賞金はどこに行くのでしょう?
Gulácsi:ポカールのボーナスはチームに入るから、ロッカールームで何か考えるよ。でも、個人のボーナスからは夏にハンガリーのバラトン湖で社会的に恵まれない子供たちのためのキャンプを企画する予定で、自分も参加する予定だ。
インタビュアー:監督はChristopher NkunkuやKonrad Laimerのようなスター選手を全員残しておきたいと思っています。上手くいくと思いますか?
Gulácsi:自分はクラブに大きな信頼を寄せている。ロッカールームから言えること、それはみんながRBのために戦っているということ。ここ最近は全ての試合が重要という局面だった。そして何を手に入れたのか?(- CL出場権獲得-) それは素晴らしいことだ。それに、もし誰かが抜けたとしても、自分たちは前進し、新しい成功を祝い続けることができることを証明した。今年はポカールの優勝を願っている。