RB Leipzig アシスタントコーチ Andreas Hinkel 〔インタビュー記事〕(2022/5/19)

f:id:SKR826:20220519193234j:image

インタビュアー:Stuttgart、Celtic Glasgow、FC Sevilla、Spartak Moscow、Freiburg、そしてLeipzig。Mr.Hinkel、あなたは巣ごもりではありませんね。

Andreas Hinkel:10歳から24歳までVfB Stuttgartにいて、そこの人たち、全てを知っていて、新しいことを経験したいと思っていた。今日、このような結果になり、本当にうれしく思っている。セビリアは素晴らしかったし、グラスゴーは信じられないほど、モスクワは永遠に残るだろう。競技面でも人間関係の面でもうまくいったと思う。成功やタイトルも重要だが、自分にとっての付加価値は他のものからもたらされた。自分が知り合った人々、彼らの文化や歴史。海外での生活は自分の視野を広げてくれました。

インタビュアー:あなたとRalf Rangnickはバックナングで生まれましたね。

Hinkel:他にも何人かそこで生まれた人がいる。Ralf Rangnickは自分をVfBでブンデスリーガの選手にしてくれた。残念ながら、自分の最初の試合(2001年2月18日のHertha Berlin戦)は彼の下での最後の試合でもあり、その後彼はVfBを解雇された。Rangnickは自分がSevillaでプレーしている間にHoffenheimに連れてくることを望んでいた。ただ、それはうまくいかなかった。

インタビュアー:ブンデスリーガの後半戦、そしてBielefeldでの逆転劇を振り返ってみて、いかがですか?

Hinkel:パフォーマンスは高く評価できないほど、最適に近いものだった。第一の目標(CL出場権獲得)を達成するためには、後半戦でチャンピオンになる必要があった。Bielefeldでの状況はDomenicoと自分がモスクワから知っているものだった。CL出場権を獲得するためには、Groznyでの最終節で勝ち点を取らなければならなかった。ハーフタイムには0-2で負けていた。そこから形成をが逆転して2-2に追いついたんだ。

インタビュアー:Leverkusenでのスコアについてはいつ尋ねたのですか?

Hinkel:Bielefeldに先制されて0-1になった後だ。

インタビュアー:Bayerが1-0でリードしていたのですが、それで安心したのですか?

Hinkel:自分たちが1-1にできると確信していた。あの日のチームは穏やかで、早い段階で2-0とリードすることができたはずだ。そうすることができなかった時、自分は厄介で厳しい試合になると思った。

インタビュアー:そして、Willi Orbanがすべての混乱を解消してくれました。

Hinkel:それがWilliだったのは偶然ではない。彼はいつも自分の力をすべて出し切り、まだ最適化できることはないかと常に考えている。そして、常にグループに気を配っている。Williは模範的な存在なのだ。

インタビュアー:EL敗退のポジティブな面はあるのですか?

Hinkel:セビリアの気温とポカールの決勝戦と時期が近かった点はある。ただ、自分たちはそれを喜んで引き受けたかった。

インタビュアー:SC Freiburgはあなたの選手としての最後の所属先で、最後の最後にはChristian Streichの下であなたはほとんど起用されませんでした。何か言い残したことはありますか?

Hinkel:いえ、何もない。十字靭帯を切った後、自分はもう全盛期ではなかったので、Christianほど頻繁に自分を出すことはなかったでだろう。今も彼とは良い関係性だ。

インタビュアー:(ポカール決勝の舞台、)ベルリンに向かいます。

Hinkel:とても嬉しいことだ。

インタビュアー:RBに賭けても、賭けでは金持ちにはなれませんよ。

Hinkel:Freiburgは最終節までCL出場権獲得を争った。Freiburgとは2度、1-1の試合を戦った。ドイツ代表のMatthias GinterもFreiburgに移籍する。このことがすべてを物語っている。

インタビュアー:RBはまだ有利だろう。

Hinkel:自分はそうは感じない。些細なことが違いを生むだろうし、どの試合にもきっかけとなるポイントがあり、時には運が試合を決めることもある。自分たちは自分たちがピッチでできることをしたい。

インタビュアー:ポカールでの優勝は......。

Hinkel:大成功だ。